Blog-Design"
障害者イズム

2005年 10月 23日

知り合いの子に誘われて見てきました。
この映画は、3人の障害者の方が、自立するまでの2000日をたどった
ドキュメンタリーの映画です一人ひとり紹介されるところから始まりました。
この物語では中心的な役割を果たしている
NPO法人「自立ネットワークやまなし」事務局長を務める日原さん
日原さん自身も重度の障害、唯一利く左手で一人で着替えをするシーンが
映し出されました必死でパジャマを脱ぎ、普段着に着替える。
着替え終わると玉のような汗とハーハーと大息をついている。
それを見てるだけで涙が止まらなくなった。普段私たちが何気なくやってること
こんな大変な思いをしてるんだって、改めて感じました。そして私たちは
わかってるようで何にもわかってないんだ、と思いました。

もう一人の人が役場に交渉に行く。年金で8万円もらっているが
それでは、自立できないため生活保護の申請を出来るか聞きに行く。
二つは、もらえないときっぱりと言われるしかも8万円で生活できませんか?
と言ってくる。私たちでさえ生活できないのにそんなことをよくも
言えるな~~と驚かされました。

もう一人は、初めて自分の家に友達を招待できた喜びに声が震えた。
そのときもたまらなくて声が出そうになってこらえながら泣きました。
a0007552_2234154.jpg

この映画を見て一つ決心したことがある。それは内緒にします。
皆さんも機会があれば見てください。いろんな状況を知らなきゃ変われない
[PR]
by pckosugi | 2005-10-23 22:34 | イベント | Comments(4)
Commented by candyman-k at 2005-10-24 17:43
障害者の人は健常者よりもいろいろ大変な部分多いですよね。
お金もそうだと思います。自分が生活してみてから『8万円で生活できませんか?』と言ってほしいですよね。
もっと障害を持った人が住みやすい世界になるといいですね!
Commented by hikaru at 2005-10-25 00:17 x
どう言えばいいのかな、本当は誰もが平等に暮らせる世の中ですかね
むずかしいですね、でも出来ることからかな、思ってあげるだけでいい
Commented by tomonaoyoshi33 at 2005-10-27 17:32
はじめまして、わたしも障害者ですがもっと「重度の障害者が苦しめられようとしています。」ブログを通じて、みなさんに訴えています。(聞こえのいい、障害者自立支援法案を)「9条守りたいね」さん、経由です。リンクさせてください。私もブログを始めたのは、7月の中旬です・・・まだまだ、よちよち歩きの、・・・・・・。
Commented by pckosugi at 2005-10-27 23:47
tomonaoyoshi33さん、ID長いですね。tomoさんと呼ばせてね
お初です。その話聞きました。PCTOOLでは、障害者の方達のお手伝いも
していきたいなと思っています。これからもよろしくね(*^。^*)
<< ひといきの珈琲 野球ゲーム >>