Blog-Design"
栗城史多(くりき のぶかず)講演録3

2010年 02月 14日


いろいろ辛いこともあったようです。荷物が多くなるんですね65kの荷物を運ぶんですが
20kずつ3回に分けて運んだりするそうです。

そしてなぜ無酸素なのかというと経済的要因が多い、でも本当に自分の力で登りたいということ。

なぜ単独なのか、誰かといるとたよってしまう。ひとりの場合の工夫もいろいらあるようです
クレパス(氷河の切れめ)に落ちた時単独だと助けてもらえないので、
腰にストックを地面と平行につけていくそうです。

最初の登頂のとき何も知らずに生米を持っていった。高度が高くなるとお米が炊けなくなるそうです
ほかの登山者にチョコなど分けてもらったそうです。高山病のいろいろな症状も経験されたようです。

夢は必ず叶う→言い続けること 叶う→口が十と書きます。
言い過ぎると吐く→口が十一と書きますよね。

そして彼の口癖は、明るく元気に楽しんで

私が彼の講演を聞いて思ったこと。
人間はみんなすごいってこと
それはほんのちょっとの思い込みと一歩踏み出す勇気
私は1度しかない人生を悔いなく生きたいと思いました

[PR]
by pckosugi | 2010-02-14 13:00 | イベント | Comments(2)
Commented by sati0602 at 2010-02-14 17:15
パソコンで打ち込んでいたのですか?
そんなわけないよね。
講演で栗城さんが話された事
そして自分も感動した事
すべてまとめられていて
忘れてはいけない事 頭にしっかりメモしてます。
悔いのない人生を過ごしたいですね。
Commented by pckosugi at 2010-02-14 17:18
satiさんメモとってました。私講演大好きです。なるべくなら
残しておきたいなと思って、いっぱいメモしてきました。
<< トースト何のっけてます? お家ご飯 >>