Blog-Design"
<   2009年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

昨日、裁判員制度をテーマにした「サマヨイザクラ」をみました。
***まず解説から***
a0007552_8342833.jpg
伊藤淳史が主演、「裁判員制度」をテーマにした。このドラマは漫画「サマヨイザクラ」が原作で、主人公は伊藤淳史演じる28歳のネットカフェ難民・相羽圭一。
正義感から会社の不正を内部告発しようとし、陰湿ないじめを受け、会社を辞めた過去を持つ。アニメの熱烈なファンで、そのオタクぶりから恋人にも振られた。自分の人生に絶望感を抱いていた相羽に、ある日裁判所から「裁判員」の指名が来る。日本中を震撼させた「根古田観音丘殺人事件」を起こした容疑者、28歳のニート・鹿野川雪彦(塚本高史)の裁判だ。鹿野川は自宅横の空き地で近隣の主婦3名を「嫌がらせをされた」と逆恨みして刺殺したという。
過去にいじめられた経験、ニート、アニメの熱烈なオタク、社会への反発心、正義へのあこがれ…不思議な共通点を持つ2人は、「裁く男」「裁かれる男」として裁判で対峙する。「死刑」か「死刑回避」かに揺れる裁判員たち。主婦3名を刺殺した鹿野川の「個人の悪」か、鹿野川家に集団で嫌がらせをし、凶行に走らせた主婦たちの「集団の悪」か…。そして、明らかになる新証拠…。果たして、人は、人を裁けるのだろうか。

***ここまで***


これからこんなふうにして行われていくんだなと実感したのと自分がその立場に立たされ
たらどうなんだろうかと、ちゃんと答えを出すことが出来るのか?すごい引き込まれて
見いってしまいました。今までその判断は裁判官が行っていたわけで、それを一般人が
一緒にやるということはいろんな考えや経験をしてきた人、いろんな人の意見を入れる
ことで公正に行おうとする姿勢がうかがえました。裁判官は常に不安になる一般人に
対して「あなたの経験したことや考えの中で決めていただければいい」と説きます。
このドラマを見たことで、このことは決して特別なことではなく、私たちのいろんな
出来事が話を真っ向から受け止め、真剣に話をしていろんなことを解決して
いかなければならないということ。そしていろんな考えや経験の人がいること、
その人たちが共存していくことが、この社会の仕組みだということ。
とても考えさせられました。見ることが出来て、よかったです。
それにしても主人公を演じた伊藤君、いい味出してますね~いい俳優さんです。
[PR]
今からみます

2009年 05月 29日

a0007552_132465.jpg

[PR]
ポムの樹

2009年 05月 29日

a0007552_12135811.jpg

[PR]
カフェジョルジオ

2009年 05月 28日

a0007552_12575930.jpg

[PR]
ちょっと気晴らしに

2009年 05月 28日

ちょっとRSS乱れますがごめんなさいね
[PR]
バラがきれい

2009年 05月 27日

a0007552_16194363.jpg

[PR]

昨年から準備してきた「カリンバ ライブ&ワークショップ」
皆様のおかげをもちまして、無事に終えることができました。とても感謝しています。
上記はワークショップの模様です。なんかすごいバイブレーションが伝わって
共鳴し合っていることがとても心地よく幸せな時間を過ごせました。
頑張ってきた自分へのご褒美でした。今回はカリンバーズの仲間も手慣れた感じで
てきぱきと準備を進めていてくれて、みんなで作り上げたものだったと思います。
下記、記事で上げてくださったものをトラックバックしていきます。
jinkoさん
tiwawaさん
nikonikoさん
asiatoさん
kimagureさん
tujiuraさん
kubotaさん
nojimaさん
yoshikoさん

[PR]
くま?

2009年 05月 21日

a0007552_1834884.jpg

[PR]
梅雨バージョン

2009年 05月 18日

しばらく桜のままでしたが、梅雨バージョン描いてもらいました
a0007552_23143650.jpg

[PR]
ブンさんとブラック

2009年 05月 18日

a0007552_11182930.jpg

[PR]