PCTOOL2017年次総会&初めてのオトナノスナ場   

a0007552_2327584.jpg

私の活動の母体、PCTOOLの年次総会でした。前年度も無事に終わり
もう次年度に入っています。一緒に頑張ってきた仲間、何か楽しんでもらえないかと
悩みに悩み、考えた余興は、大成功かな?!楽しんでもらえたと思う
来年は私自身、再生の年にしたいと思っています。ありがとうございます。
これからもPCTOOL並びに星井光もよろしくお願いします。

そして本日、初めて「オトナノスナ場」に参加させてもらいました。
どんなことをするか全然把握せず、参加。いつもそんな感じ(;^_^A
主催のるかさんと知り合って、一度参加してみたかった。とても楽しかった。

テーマがありそれについて自分なりに詩を書くというものでした。
けっこう書くの嫌いじゃない。
今回は足がテーマという事で、やはり今のわたしには欠かすことができない「走るということ」
について書かせていただきました。よかったら下記読んでみてください。




走るということ

それは私自身を表す言葉だと思う
なぜなら私は立ち止まらず走っていることが好き
そんな私2012年ある意味本当に走るという事に遭遇することになった
仲間が「いっちゃんリレーマラソンに出ない?」って言ってきたのだ
私は振りかかってきた事にほぼ99.9%「YES」という事にしてる
一人2キロ、思っていたよりはるか長かった
練習を重ね、マラソン当日、段取りもしなくてはならずあまり眠れないまま朝を迎えた
2番目に走った私は雲の上を走っていた、そしてつながった、たすき
ゴールのテープを切る仲間、なんと私達チームはフルマラソンの部、最下位だったのだ
仲間通し手を取り合い、涙、涙、完走できた喜び
そしてタスキを繋げてくれたかけがえのない仲間、一生で忘れられない一ページになった
そしていつしか走ることが私のライフワークになっていた
2015年第1回富山マラソン、そろそろ本格的に練習しようと思った5月末
ひどい捻挫をしてしまった。久々に立ち止まることを余儀なく選択させられたのだ
今まで元気すぎた私に突き付けられた、体そして足と向き合う時間
とにかく自分が味わったことのない感覚や感情と向き合う事となった
体が思うように動かせないもどかしさ、走れない日々が
いろんな意味で走ることへの思いを強くしていった
7月末、ようやく練習再開、20キロまでしか走れないまま当日を迎えた
2015年11月1日昨日までの雨が嘘のような晴れ渡った青空
当然25キロを過ぎた頃から足取りが重くなるそれでも一歩一歩前に進む
そして    感動の    ゴーーーーーーーーーーーール!!仲間が迎えてくれた
私には必要だった挫折、乗り越えたから何もなかった時よりも喜びはひとしお
そして私はこれからも走り続ける。人生はスタートとゴールの繰り返し
そしてこれからはみんなのスタートとゴールも応援していきたい!
[PR]

by pckosugi | 2017-11-23 23:35 | イベント | Comments(2)

Commented by isao1977k at 2017-11-24 01:10
人生でもpckosugiさんは立ち止まっていることが無いように思えます。
マラソン大会で走ったりしているのを見るとすごいなぁって思いますよ。
自分との戦いでもあるんですね。
これからもみんなの中心になって行ってくださいね。
くれぐれも無理のないようにしてくださいね。
Commented by pckosugi at 2017-12-23 19:49
isaoさんお返事遅くなっちゃいました。
いつか会いに行きたいなあ~お幸せにね(^^)/

一人芝居「鏡の法則」本当にやっ... >>